スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    インストール  綿矢 りさ

    • 2005.11.03 Thursday
    • 22:30
    インストール
    インストール
    綿矢 りさ

    217 ★★★☆☆
    【インストール】 綿矢りさ 著  河出書房新社 文藝賞受賞作

    怠惰な高校生活に厭きた主人公・女子高校生が登校拒否児になり、そのとき知り合った小学生と風俗チャットの世界を知り現実感に戻る話だ。
     小説の巧さは、大体構成の考え方で決まるように感じる。この本も限られた人、限られた場所・空間で良くまとめられているのだ。作家が17歳と言う年齢からしても奇抜さもないし、文章も読みやすいのだ。賞をもらうからには、何かがあるのかわかる気がする。わからない作品が多いなかに私は思うのだ。

     この本の中に、インターネットのことが出てくる。小学生と女子高校生が人妻になりきってチャットする。こういう話は、いくつか取り上げている作品もある。男性が女性になったり、年老いた女性が若い女性になったりで、画面には会話の文字が流れるだけであるからだ。でも、大体じっくり考えればわかるようだ。現実社会でもチャットの中から夢から出て実際会って見ると随分印象が違ってくるのだろうか…と思うのだ。今では、写真なども出ているから、こんなことも減っているのか。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさちゃんの本を初めて読んだ。本当は「綿矢りさ先生」とお呼びすべきだろうが、著者の顔写真がまー可愛らしいこと。まさに文壇アイドルである。 その作風は芥川賞作家には不似合いなほど
      • ぱんどら日記
      • 2006/11/17 1:24 PM
      インストール綿矢 りさ (2005/10/05)河出書房新社 この商品の詳細を見る 「蹴りたい背中」の文庫化に、わ〜い、わ〜い、と喜ぶ30代のお兄さん。 この際この本も再読してやれ、という勢いだけで読んでみることにしました
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/04/14 6:32 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM