スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    雪の夜話  浅倉 卓弥

    • 2005.11.07 Monday
    • 22:26
    雪の夜話
    雪の夜話
    浅倉 卓弥


    220 ★★★★☆
    【雪の夜話】 浅倉卓弥 著  中央公論新社

     私は、どうも幽霊ものが苦手なのだが、現実感とのバランスがほど良く感じた。雪のある生活をしたことがないが雪のもたらす光は、美しい彩に違いないことだろう。
     
     「僕は子供時代を失い、中学生や高校生だった時代を失い、仕事を失い東京での生活を失い、山根さんを失い、水原さんの好意を失い、かくちゃんを失い、とにかくさまざまなものを自分の後ろに置き去りにして来た。」  (本文より)

     主人公が高校生時代に家の近くの公園で雪ん子・雪子に会い、東京の大学を出て、東京で仕事をし、人間関係で東京から実家に帰って来て、また雪ん子・雪子に会う話だ。
     誰かが言っていた、ファンタジー哲学か、上手い表現だな。
     生きる、死、命などのことがやんわりと語られている。生きている人より、圧倒的に亡くなった人が多いのだから、やっぱり生きている人間は、亡くなっている人間に何かをもらっているのだろうか。主人公が雪ん子・雪子に会って前向きな人生を歩む姿が読者にはうれしくなるのだ。           

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM