スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    草之丞の話  江國 香織, 飯野 和好

    • 2006.07.02 Sunday
    • 22:42
    草之丞の話
    草之丞の話
    江國 香織, 飯野 和好

    152 ★★☆☆☆
    【草之丞の話】 江國香織 著  旬報社

    《13歳というのは、一人前ということか》

     (「MARC」データベースより)
     母は女優。父は正真正銘の侍で、また幽霊である草之丞。僕は幽霊の息子だったのだ! 草之丞は幽霊だという立場も忘れて、堂々と人前に出るのだが…。少し哀しい、大人の恋のおはなし。「つめたいよるに」収載の短編を絵本に。


     大人の絵本。
     5分くらいで読める本だ。
     きりっとした顔立ちの絵である。
     不思議な世界感で切ない話だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM