スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    贋世捨人  車谷長吉

    • 2006.07.21 Friday
    • 23:37
    贋世捨人
    贋世捨人
    車谷 長吉

    170 ★★★★★

    《人間も生き物なんだと感じた作品》

    内容(「BOOK」データベースより)
    時代の最先端を見据えながら、併しそこから距離を取って、時代の最後尾、びりッ尻を「蝸牛の歩み」で歩いて行こうと思うた。迷いの逆渦の中に吸い込まれた青年の「宿縁」はどこにあるのか―「骨身に沁みたことを骨身に沁みた言葉」で書きあげた420枚。
    内容(「MARC」データベースより)
    私とは、こういう人間だったのか。愚図であった。腑抜けであった。時代の最後尾を蝸牛のように歩いていた。しかし、抜き身で生きて行きたかった…。孤高の私小説作家が、自らの青春時代を描く。


     車谷長吉さんの本は2冊目である。
     私の好みであろうか、物凄く感じるものが伝わった。私小説であるが、こういう時代があって、私はこう生きたみたいな話だが、どこか常人と違う感覚があり、そこに引きつられてしまうのだ。こういうテンポの書き方も合うのだろうか、読みやすいのだ。
     私が圧巻と思うところは、友人の谷内氏(精神医学研究所)が主人公・生島に小説をかくことを進めるくだりだ。
     ―生島くん。僕は小説など書いたことはないけれど、小説を書くというのは、この男と同じように、風呂桶の中に釣糸を垂れて、魚を釣り上げようとすることではないだろうか。無論、この男は精神分裂症に罹って、世の中では気違いと言われている人です。きみも、もともと相当におかしなところのある人だけれど、併し会社員が勤まっているのだから、まあ普通の人と言ってもいいわけだ。小説を書くというのは、この男のように狂気でするのではなく、正気で風呂桶の中の魚を釣ろうとすることではないか。それを一生続けるのは辛いことだろうけれど、僕はきみにそれをやって欲しいんだ。きみなら出来る。正気で、一生風呂桶の上に釣糸を差し続けて欲しいんだ。魚なんか、一匹も釣れなくったっていいじゃないか。それが、小説を書くということじゃないか。(本文より) 
     女子は、この本を読まないような気もする。 

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM