スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    リズム  森 絵都

    • 2005.12.05 Monday
    • 16:39
    リズム
    リズム
    森 絵都

    239 ★★★★☆
    【リズム】 森絵都 著  講談社 講談社児童文学新人賞 椋鳩十児童文学賞受賞作

     この本見つけて買って、本の後ろを見たら、1991年第1冊が発行されて、2000年第8冊発行となっている。随分と読まれている作品のようだ。大人になっていく過程の中学生時代、いろんなことで悩め成長していく、そんな物語だが、読後何だか鼻歌でリズムなど取ってみたくなる本だ。
     
     私の中学生時代、優等生の女性が宿題を忘れてきたのだ。英語の先生が理由を問いただすと、その優等生は言いにくそうに、『お姉ちゃんが見合いしたので』と答えたのである。すると、先生は、『お姉さんの見合いと英語の宿題は関係ないだろ』と言っていたのだが、その優等生にとっては英語の宿題よりもお姉さんの見合いの方が大事すぎるのだ。心の中は、相手がどんな人の中で頭が一杯なのであったろう。そのときは、私も単純に笑ってしまったのだが、今思うと、その優等生に申し訳ない気持ちなのだ。 
     この本は、森さんが20歳の時の作品とあとがきに書いある。
     主人公・さゆきの気持ちが、生き生きとして書かれているのが印象的だ。
      

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 16:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、こんばんわ。
      さゆきが生き生きしていて感情移入がしやすいし、
      未来への希望が感じらられる爽やかなラストもよかったです。
      中学生の時に読みたかったです。
      • june
      • 2006/10/01 9:44 PM
      こんばんは。
      juneさん。
      希望が感じられて良かったですね。
      「ゴールド・フィッシュ」の続編が楽しみですね。
      • juneさんへ
      • 2006/10/01 10:55 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      リズム 読んだ時期が悪かった気がします。豊島さんの「エバーグリーン」があまりに強烈だったうえに、中学時代とかバンドとか微妙にかぶってしまってるんで、どうしてもうまく頭が切り替わりませんでした・・。大人にも充分通じる内容だとは思います。リズムというタ
      • 本のある生活
      • 2006/10/01 9:40 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM