スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ロックンロール  大崎 善生

    • 2005.12.05 Monday
    • 00:50
    ロックンロール
    ロックンロール
    大崎 善生

    240 ★★☆☆☆
    【ロックンロール】 大崎善生 著  マガジンハウス

     大崎さんの作品は、もう何冊読んだだろうか。
     透明感のある文章で知られているが、今回のはちょっと違った感じがする物語だ。さらさらとした内容で、いつもの重い話ではない。
     中年になってなった作家・主人公と男性編集者の中に流れる感情に女性編集者が入り込んでくるのだが、……。 
     
     2年間も書けない作家がパリに行って、小説を書き始めるのだが3ヶ月間?。金額的にはいくらぐらいかかるのだろうか、3分の一くらいは出版社が出してくれるみたいなことが出ていたが。ストーリーを絞りすために、パリまで行って日常を変えたり作家は大変なのである。
         

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM