スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ボロボロになった人へ  リリー・フランキー

    • 2005.12.20 Tuesday
    • 00:37
    ボロボロになった人へ
    ボロボロになった人へ
    リリー・フランキー


    251 ★★★☆☆
    【ボロボロになった人へ】 Lily Franky 著 幻冬舎


     今や時の人になった感じのリリー・フランキーさんの本である。
     リリー・フランキーさんって何やっている人なのか。イラストレーターが本職。テレビで見るのだが。
     この本は、短編集である。ブラックユーモアではないし、こんな書き方・筋書きのことを何と言うのだろうか。
     「死刑」と言うのが、おかしかった。17才・川瀬は、書店で雑誌1冊を万引きしたことを見つかり窃盗罪の現行犯逮捕となった。弁護士・伊東と17才・川瀬との死刑に対する考え方・会話が面白いのだ。まあ、最後のオチが何とも愉快なのだ。    

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM