スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    秋日和  赤瀬川 隼

    • 2005.12.23 Friday
    • 00:34
    秋日和
    秋日和
    赤瀬川 隼

    253 ★★★☆☆
    【秋日和】 赤瀬川隼 著  光文社


     10編の短編集である。
     初老すぎて仕事も一段落し、ふと辺りを見ると可愛い女性がいる。
     胸のときめきが若い時代を思い出させてくれる。 
    向こうもこちらを向いて笑顔で話してくれる。
     まんざら捨てたものじゃなんて思ってしまう。
     食事に誘ってみた。美味しそうに食べるのが、また可愛い。
     今度は、音楽会でもなどと思うと心が躍るのだ。
     『あの、甥っこさんからオジサン寂しいそうだから話してあげてよと言われましたから』
     甥っ子が、そうなのか。
     そうだよな、こんなにスムーズにいかないよな。
     でもひと時が、楽しかったなー、と思う。

     何だか、そんな物語が一杯の本です。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM