スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    石の来歴  奥泉 光

    • 2006.07.27 Thursday
    • 22:10
    石の来歴
    石の来歴
    奥泉 光


    175 ★★★★★
    【石の来歴】 奥泉光 著  文藝春秋  芥川賞受賞作

    《石に来歴があり、人間にも…》

    内容(「BOOK」データベースより)
    「石には宇宙が刻印されている」レイテで戦友から聞かされた言葉によって、岩石に魅せられた男。戦後、彼に訪れる苦難とは!?現在と過去、夢と現が交錯するなかで、妻は狂気にいざなわれ、子は死にもてあそばれる。華麗にしてペーソス溢れる文体で、時と心との織りなす迷宮を描ききる、気鋭の芥川賞受賞作。


     「石の来歴」
     「三つ目の鯰」 2編

     5冊の奥泉作品から、この本を読んでみた。早くから読んで見たい作家であるが、最初の1ページでまあー次にするか、となって延び延びになっていた。よーし、と腹に決めて手に取った。最初の何ページは、難しいそうだったが、7,8ページになると意外と読めるのだ。

     「石の来歴」  
    石に魅せられた主人公の話だが、これが凄い話なのだ。独特な文章も読み慣れると、この重い話に酔いしれる。この本を読んで、秩父の長瀞に何回か行ったことを思い出した。

     「三つ目の鯰」、この話も良かった。 
     主人公・大学生の父の葬儀から始まる。キリスト教、教会など知らないことが出てきて、宗教のことが身近に思える。これは楽しかった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM