スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    春、バーニーズで  吉田 修一

    • 2006.01.18 Wednesday
    • 16:51
    春、バーニーズで
    春、バーニーズで
    吉田 修一

    17 ★★★☆☆
    【春、バーニーズで】 吉田修一 著  文藝春秋

    《切ないが、読んだあとの心地よさは何なのだろうか》


     コブつきの女性と結婚した主人公。
     義母と4人家族の日常をおった作品。
     連作短編集だが、はっきり言って『うーん、うまいなー』と感じる文章だ。

     「パパが電車をおりるころ」
     「パーキングエリア」の2編が特に良い。

     「パパが電車をおりるころ」は、通勤電車の中が良く出ていると感心したのだ。
     「パーキングエリア」は、胸にグーンと切なく響いてくる。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 16:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM