スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    作家小説  有栖川 有栖

    • 2006.01.18 Wednesday
    • 17:50
    作家小説
    作家小説
    有栖川 有栖

    18 ★★★☆☆
    【作家小説】 有栖川有栖 著  幻冬舎

    《この本を読んで作家になる人は、本当のプロかもしれない?。》


     「書く機械」
     「殺しにくるもの」
     「締切二日前」
     「奇骨先生」
     「サイン会の憂鬱」
     「作家漫才」
     「書かないでくれます?」
     「夢物語」 作家だらけの連作小説。

     作家に纏わる話のオンパレードである。
     ミステリでコメディでホラーな、作家の日常。と背文に書いてあるが全くその通りです。
    「奇骨先生」は、作家の富田奇骨先生のところに高校生の図書部員の島貫君と吉沢さんがインタビューに行くのだが、……。現代の読書・出版事情がわかる。読書する人たちには、是非読んで欲しい。
     「書く機械」「締切二日前」「サイン会の憂鬱」など作家にしかわからないことかも知れない。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM