スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    本当はちがうんだ日記  穂村 弘

    • 2006.01.20 Friday
    • 17:46
    本当はちがうんだ日記
    本当はちがうんだ日記
    穂村 弘

    20 ★★★☆☆
    【本当はちがうんだ日記】 穂村弘 著  集英社

    《「今はまだ人生のリハーサルだ。」私の本番はいつからなんだと叫んでみるのだ。》


     この本は、随分いろんなところで見かけて、面白いと言われているようなので読んでみた。うーん、確かに面白い。歌人と言うからには有名な人なのか、沢山の本も出ている。
     
     「明日へのうさぎ跳び」が何だか、私のことのように思えて懐かしい。私も中学時代は、卓球部に入った。何故、卓球部に入ったのか覚えていないが、野球とかだと練習も厳しくレギュラーにもなれない。卓球ならばと思ったのだろうか、ところが入ったら大変な部であった。体育館で練習をやる訳であるが、館内ではバスケットボール、剣道などが練習している。1年生は上級生が打ち合っている後ろで玉拾いである。どうしても、目が他の部の練習に向いてしまうのだ。それを見透かしているようにピンポン玉が飛んでくる。そのシゴキが体育館横(50m)を10回のウサギ跳びが待っているのだ。ウサギ跳びなど可愛い言い方だが、これが相当にキツイのである。ぴょん、ぴょんか、ただただ懐かしい。

      ひとつ、ひとつの日記・章を読むたびにウーン、ウムウム、ニイャー、ニャニャしている。

     『「ね」の未来』には、この作家の鋭い視線とユーモアの両方を見た。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:46
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM