スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    月曜日の水玉模様  加納 朋子

    • 2006.01.22 Sunday
    • 17:44
    月曜日の水玉模様
    月曜日の水玉模様
    加納 朋子

    21 ★★★☆☆
    【月曜日の水玉模様】 加納朋子 著  集英社

    《事務職OLでもミステリーなかにいるんだ》


     事務職OL・片桐陶子がちょっとした事件を綴るユーモアミステリー。

     「月曜日の水玉模様」から「日曜日の雨天決行」 まで、1週間の章でまとめられている。月曜日に事件解決のために助力する相棒・萩広海と出会うところが出てくる。陶子が電車に朝、通勤の為に乗る。朝、通勤電車、満員である。途中で座っている人が下車すると座れるので、ある程度わかる。誰がどこの駅で降りるかが、だから降りる人の前に立つようするのである。少しの間でも座るということは天国のようなのだ。これは満員電車に乗った人しかわからないことだ。これが毎日のことだからである。降りる人が女神のように思えてくるのだ。
     
     私も東武東上線で通っていたときは大変であった。ぎゅうぎゅう詰めの満員である。前が閊えて止まったりで若い女性が貧血で倒れたり、大学生の男子も倒れたりであった。
     ある時、途中から乗る女性が満員の中を入り口からにじり寄ってきて席が空く場所までくるのを知ったのである。それが、何で人に嫌がられても前進してくるのか、よくわからないでいたのだが席が空く(降りる人)のを知っているのである。朝の満員電車では座ることが天国なのである。今は、有楽町線が乗り入れているから、どんな感じなのだろうか。

     この本は、主人公・陶子が親を知らずに祖母によって育てられている。母親とのミステリーもあり、切ないところもあるのだ。  

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      この作品のタイトルに仕掛けがあったなんて。
      さっき、ふらっとさんの所で衝撃を受けてきました。
      モンガさんは気づいていましたか?

      答えは、ふらっとさんの「こんな一冊」で。
      こんばんは、しんちゃん。
      仕掛け、気づきませんでした。
      そんな仕掛けがあったんですか。
      • しんちゃんへ
      • 2007/08/05 5:30 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      月曜日の水玉模様加納 朋子 (2001/10)集英社 この商品の詳細を見る 丸の内に勤める片桐陶子は、通勤電車の中でリサーチ会社調査員・萩広海と知り合った。 二人の身近に起こるちょっとした事件を描いた、加納さんお得意の連作短編
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/08/05 4:46 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM