スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    生きいそぎ  志水 辰夫

    • 2006.01.27 Friday
    • 17:36
    生きいそぎ
    生きいそぎ
    志水 辰夫

    25  ★★★☆☆
    【生きいそぎ】 志水辰夫 著  集英社

    《主人公達は、何故、皆生きいそぎになるんだろうか》


     老境に差し掛かって、ふと人生を振り返ってみると、さまざま想いが甦ってくる。初老の男性を主人公にした8編の短編集である。

     「人形の家」
     「五十回忌」
     「こういう話」
     「うつせみなれば」
     「燐火」
     「逃げ水」
     「曼珠沙華」
     「赤い記憶」  8編

     「赤い記憶」は、退職して2年目、物忘れがひどくなりこの頃である主人公が息子に母親が亡くなったのは焼死だいう事を話すのだ。そこには、人生を省みるときに胸にしまって置いたものだが、もう人生に疲れてきたときに吐き出してしまうのだ。志水節?がさえる。
     最後の終わり方が、ドキッとする余韻が何とも良い。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM