スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    クチュクチュバーン  吉村 萬壱

    • 2006.01.28 Saturday
    • 17:35
    クチュクチュバーン
    クチュクチュバーン
    吉村 萬壱

    26 ★★☆☆☆
    【クチュクチュバーン】 吉村萬壱 著  文藝春秋

    《人間の行く着く先は、クチュクチュバーンの世界なのか?》


     人間の思考は、現実の見た目の感覚が何時までも残っている。文字、文章を読んで、どこまで書き手の作家の思いに近づいていけるのか、と言う思いがある。この本は、虚構の世界だろうが、どうもその世界どんなイメージかが浮かんでこないのだ。本の持つ意味みたいなものが、いま一つ理解しがたいのは、読み手の私の頭のなかだけがパニックなのか。
     

     絶叫が木霊している。もう反吐が出るほど見てきた殺し合いの光景が、ここでも展開していた。人々は愛し合い、憎み合い、殺し合っていた。それだけの光景。
     「何て退屈な眺めなんだ」 
      中略
     「意味あんのかよ、こんな世界!」と叫んだ。  本文より             

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは。TBさせてもらいました。
      この本、私の周りでは読んでいる人がいなかったので、読まれてるのを拝見して嬉しくなりました。濃いですよね〜。
      私もブログリストに登録させてもらいました。
      これからよろしくお願いします!
      こんばんは。
      TB・コメントありがとうございます。
      この本は、異色・異彩の作品ですね。
      たまには、こんな本も良いでしょう。
      • sonatineさんへ
      • 2006/10/25 10:14 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      クチュクチュバーン吉村 萬壱 文藝春秋 2002-02売り上げランキング : 294471おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> かなり気持ち悪い <ストーリー> 地球全体が変になり、空間、人間、動物すべてが
      • 寝ていられるのになぜ起きる?
      • 2006/10/25 8:06 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM