スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    葬列  小川 勝己

    • 2006.01.29 Sunday
    • 17:34
    葬列
    葬列
    小川 勝己

    27 ★★☆☆☆
    【葬列】 小川勝己 著  角川書店

    《女性に度胸がすわれば、きっとこうなってしまうのか》


     この本は、第20回横溝正史賞受賞作品である。
     <わたしが!ほしいものは!白いマンションです!>と言う思いが募る明日美。
     マルチ商法にはまった・しのぶ、変わった女・渚、ヤクザな駄目男の史郎で起こす活劇である。凄い話である。素人の集団がヤクザ集団と銃撃戦をすると言うから、ちょっとまってみたいな感じだが、話の流れには、あまり無理がないように感じる。映画のシーンを見ているようである。人物の描写や彼女たちの今迄に持っている情念みたいなものは伝わってくるが……。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM