スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    沼地のある森を抜けて  梨木 香歩

    • 2006.01.31 Tuesday
    • 17:33
    沼地のある森を抜けて
    沼地のある森を抜けて
    梨木 香歩

    28 ★★★☆☆
    【沼地のある森を抜けて】 梨木香歩 著  新潮社

    《ぬか床からはじまる壮大な話だ》


     叔母が亡くなり、叔母が守っていた一族の家宝のぬか床を守るようになった久美に起こるさまざま現象。その謎に迫っていく。行くつき先にあるものは、……。 
     ぬか床は、乳酸菌、酵母菌?。菌がやたらに出てくる。酒造りの家には、菌が住み着いて言われているのを考えると、この話も在りがちなことなのか? 
     最後は、ばたばたと読んでしまったので、いつかじっくりと読みたい本である。  

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 17:33
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      梨木香歩は読むのが初めてだった。どんな文章を書くのかと思いながら読んでみた。
      • 脳内TraP
      • 2006/12/26 11:49 PM
      沼地のある森を抜けて ■やぎっちょ書評 梨木さんの小説(エッセイ以外)は全部読んだと思っていたのに、まだあった!うわわ。 それにしてもこのところ、自分の好き好き作家さんばかり読んでいるから、なんか精神的に安定しているというか、楽。 この本はなんかも
      • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
      • 2007/12/07 1:47 AM
      やぎっちょのベストブックde幸せ読書!!
      • Roko's Favorite Things
      • 2007/12/08 10:14 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM