スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    読書記録     4月

    • 2011.04.05 Tuesday
    • 00:22
     読書記録    4月

    11-007【小さな町にて】 野呂邦暢:著 文藝春秋
    11-008【今日も、本さがし】 高橋英夫:著 新潮社
    11-009【どこから行っても遠い町】 川上弘美:著 新潮社
    *人生って、最後はひとりだけなのか、人人とが繋がっているのか、よく分からない。亡くなっても誰かの胸のうちにはいるんだろうか。そんなことを感じた。

     *久しぶりに、小説みたいなもの読んだ気がします。この作品も短いものの組み合わせみたいなもものですが。人生って、分からないものです。東大を出たからと言っても、その人が幸福な人生だったも分かりませんし、何んで生きているんでしょうか。その辺の答えが、この本にあるようにも思えます。本当かいな!ちょっとしたこで知り合い、愛したり、別れたりで、感情とか、感性とかで生きていたら楽なような気がしますが、なかなか踏み切れるものではありませんが、でもどこかにその核もあったりします。人は、誰かのために生きて、誰かのために死んでいくのか、やはり自分の為に生きて、自分のために死んでいくのか。亡くなっても、誰かの胸のうちに生きていけることができたら、やはりいい人生だったということでしょうか。


    11-010【暗渠の宿】 西村賢太:著 新潮文庫

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM