スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    恋ひらり  島村 洋子

    • 2006.02.25 Saturday
    • 14:30
    恋ひらり
    恋ひらり
    島村 洋子


    44 ★★★☆☆
    【恋ひらり】 島村洋子 著  光文社

    《人間には、永遠と言うことはないかも知れないが、永遠の愛はあるのかも知れない》

     「おまえはまだ若いからわからないだろうけど、人間は同じなんだよ。四十になればそれなりの分別がつくと思っていたし、五十になれば恋心なんて抱かずに人間は勝手に落ち着くものだ、と若いときはみんな思っている。それどころか自分だけは年を取らないと思っている。しかし月日はすぐに経つ。きっと八十になっても変わらないと思うよ。そりゃ肉体は衰えるだろうけど、若いときと中身はほとんどかわらないんじゃないのかな」
     同じ女性を愛した父親が息子に語っているところだが、何かこのシーンがこの本を物語っているような気がした。
     この本は文面が短く、読みやすい、でも主人公・珠輝の心理状態もわかるが最後の場面があっさりしすぎている感じがおしいのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 14:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM