スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    随時見学可  大竹昭子

    • 2009.04.25 Saturday
    • 06:51
    随時見学可
    随時見学可
    大竹昭子
    JUGEMテーマ:読書

     09−052 ★★★★☆
     【随時見学可】 大竹昭子 著  みすず書房

     《日常がいつの間にか非日常の中に…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    『図鑑少年』から10年、待望の著者2作目の小説集。変容する街の風景、溶けていく「わたし」の身体感覚、日常のなかの「エピファニー」があざやかに刻まれた全10篇。


     街には、表通り、華やかで気取ったところがあるが、一歩裏通りに踏み込むと過去のそのまま時間が止まって見える場所がある。それは、人間の心も同じだ。抑揚もなく、綴れられていく文章に引き込まれていく。それが、怖くもあり懐かしくもあり不思議な作品だ。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 06:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM