スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    向田邦子と昭和の東京  川本 三郎

    • 2009.04.18 Saturday
    • 07:38
    向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)
    向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)
    川本 三郎
    JUGEMテーマ:読書


     09−049 ★★★☆☆
     【向田邦子と昭和の東京】 川本三郎 著  新潮選書

     《向田邦子という生き方もわかる…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    敗戦から昭和三十年代にかけて、急速な経済成長の中で失われた様ざまな習慣、やさしく奥深い言葉の数々、変わりゆく家族のかたち、東京の町並…それらをいとおしみ、表現し、そして体現し続けた向田邦子。様変わりした現代において、今なお高い人気を誇る作品群をひもとき、早世の天才作家が大切に守り続けたものとは何かをつづる。

    カバーの折り返し
    敗戦から昭和三十年代にかけて、急速な経済成長の中で失われた様ざまな習慣、やさしく奥深い言葉の数々、変わりゆく家族のかたち、東京の町並----それらをいとおしみ、表現し、そして体現し続けた向田邦子。様変わりした現代において、今なお高い人気を誇る作品群をひもとき、早世の天才作家が大切に守り続けたものとは何かをつづる。


     昭和が去り、平成の世もすでに二十年も数えるに至った。誰もが感じているように、平成になって、われわれの暮しから論理が失われるようになった。平たくいえば、なんでもありの荒んだ世の中になってしまった。そんな時代になればなるほど「昭和の子」向田邦子さんの世界が懐かしく、大事に思えてくる… 「あとがき」より

     向田邦子が生きていれば、今年八十歳だという。もうそんな年になるんだ。飛行機の事故を聞いたとき、『エー、なんで』という思いがあった。この本は、向田邦子満載の本だ。あとがきにも書いてあるが、向田と言えば昭和の香りが色濃い作家だ。向田邦子の本を何冊か読んでいる、それから何年前から久世光彦の本も読んでいると、ここにも向田邦子のことが一杯に載っている。それよりもテレビ・『寺内貫太郎一家』などを通じて知っていることの方が大きい。向田邦子の本は、昭和の家族、父の威厳、などなど。向田邦子は、言葉に独特な使い方をしていた。それは昭和の言葉なのだ。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 07:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん☆こんばんは
      今は便利過ぎて、豊かすぎて、身動きが取れなくなっているような気がします。
      わたしは、貧しいけれど明るい気持ちを持てた「昭和」に育つことができたことに感謝しています。
      向田さんの文章の中にはそんな昭和が生きていて、ホッとしてしまうんですよね。
      • Roko
      • 2009/07/12 11:08 PM
      こんにちは。Rokoさん。
      最近、昭和というのが、もう随分遠くにいってしまったように感じています。
      <>わたしは、貧しいけれど明るい気持ちを持てた「昭和」に育つことができたことに感謝しています。<>
      まったく、同じ気持ちです。
      生きているということに実感がありました。
      向田さんの言葉には、昭和が満載です。
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)posted with amazlet at
      • Roko's Favorite Things
      • 2009/07/12 11:01 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM