スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    やさしい訴え   小川 洋子

    • 2009.04.12 Sunday
    • 23:52
    やさしい訴え (文春文庫)
    やさしい訴え (文春文庫)
    小川 洋子
    JUGEMテーマ:読書


      09−047 ★★★☆☆
     【やさしい訴え】 小川洋子 著  文春文庫

     《『やさしい訴え』の中にも愛の叫びがあるが、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    夫から逃れ、山あいの別荘に隠れ住む「わたし」が出会った二人。チェンバロ作りの男とその女弟子。深い森に『やさしい訴え』のひそやかな音色が流れる。挫折したピアニスト、酷いかたちで恋人を奪われた女、不実な夫に苦しむ人妻、三者の不思議な関係が織りなす、かぎりなくやさしく、ときに残酷な愛の物語。


      小川さんの文章は、お伽噺の中に鋭さがある感じがする。この本は、大人の恋模様を描いた単純なストーリーの作品だ。題名になっている《やさしい訴え》は、解説を書いている青柳いづみこさん(ピアニスト)によると十八世紀フランスの宮廷作曲家・ジャン=フィリップ・ラモーのチェンバロ曲なのである。ここに登場してくるには、夫との生活に疲れて別荘に来る瑠璃子、別荘近くでピアノを弾けなくなって、妻とも別れてチェンバロを製作している新田、そこで働く薫子、この3人がメインだ。作家は《やさしい訴え》を聴いてから、この物語が出来たのだろうか。無性に《やさしい訴え》という曲を聴いてみたくなってくる。
     
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:52
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM