スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    乱歩の幻影    日下三蔵編

    • 2009.04.04 Saturday
    • 19:35
    乱歩の幻影 (ちくま文庫)
    乱歩の幻影 (ちくま文庫)


    JUGEMテーマ:読書


     09−042 ★★★☆☆
     【乱歩の幻影】 日下三蔵 編   ちくま文庫

     《乱歩の人間像がオリジナル・アンソロジーで分かる気が…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    幼い頃に見た写真によって江戸川乱歩の小説にとりつかれたように成長した女性が、夫の書棚で発見した一本のエッセイ。そのエッセイに導かれた彼女がたどりつく乱歩にまつわる衝撃の事実を描く表題作(「乱歩の幻影」)。江戸川乱歩の作品、その人柄、性向、趣味を題材とした小説、あるいは乱歩自身が登場する作品十篇を収録する乱歩ファン必読のオリジナル・アンソロジー。


      高木彬光   『小説 江戸川乱歩』
     山田風太郎  『伊賀の散歩者』
     角田喜久雄  『沼垂の女』
     竹本健治   『月の下の鏡のような犯罪』
     中井英夫   『緑青期』
     蘭光生    『乱歩を読みすぎた男』
     服部正    『龍の玉』
     芦辺拓    『屋根裏の乱歩者』
     島田荘司   『乱歩の幻影』
     中島河太郎 『伝記小説 江戸川乱歩』

     乱歩にまつわる話を集めたもの。
     恥ずかしながら名前はおおいに知っているが乱歩を読んだことがないので興味があった。昔的なミステリーな匂い・感じがした。この才、ちょっと読んでみたい気がする。 



    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM