スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    本を読む前に   荒川 洋治

    • 2009.02.27 Friday
    • 22:56
    本を読む前に
    本を読む前に
    荒川 洋治
    JUGEMテーマ:読書


     09−030 ★★★☆☆
     【本を読む前に】 荒川 洋治 著  新書館

     《過去の作家の本の紹介が勉強になります》

     内容(「MARC」データベースより)
    新人作家の受賞コメントがアイドル歌手の談話と変わらなくなってしまった。この国の文学、そして言葉はどうなる? 『大航海』『産経新聞』等に連載・掲載された、本についてのエッセイ、文芸時評などを収める。


      いつも寄る荻窪<ブ>に入って、安い文芸コーナーの棚に入る前のラックを見ると【本を読む前に】があるので買うことに、荒川洋治の本があること事態が滅多にないのだ。ここの安いものが200円(通常他店では、105円)なので買うのはこれはと思うものだけにしている。阿佐ヶ谷<ブ>、吉祥寺<ブ>で半額コーナー(定価の半額くらい)にあるものが荻窪<ブ>では200円にあるときがあるようだ。でも、文芸コーナーはセール以外の日を覗くとお客さんはまばらだ。お客さんはどこにいるかというとほとんどがコミックコーナーだと思う。安い文芸コーナーに並んでいる本は他の<ブ>でも、ほぼ同じものがあるように思ってしまうが、これは大袈裟かも知れないがこの現象は誰でも知っていることか。

     この本は荒川洋治が文学について語っている、それだけだがそれがいいのだ。

     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM