スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    元職員  吉田 修一

    • 2009.02.19 Thursday
    • 23:31
    元職員
    元職員
    吉田 修一
    JUGEMテーマ:読書

     09−026 ★★★☆☆
     【元職員】 吉田 修一 著  講談社

     《最初のちょっとしたことが、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    栃木県の公社職員・片桐は、タイのバンコクを訪れる。そこで武志という若い男に出会い、ミントと名乗る美しい娼婦を紹介される。ある秘密を抱えた男がバンコクの夜に見たものとは。


     ページ数が少ないので、朝の通勤時と昼休みに読めた。舞台はタイのバンコクから始まる。主人公が何をしにここに来たのかが不明で謎めいている。それが回想になってくると明らかにになってくる。その転換時点の苦悩が割りと簡単に書かれているが、こういう人は誰でもこの額なら返せるから始まって、それが気が付くと大きな額になっていく。主人公・夫は妻を運命共同体に仕立てているがどうなんだろうか。作中に登場する人も少なく、1時間ドラマを見るような感じの本・作品だった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM