スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    日本のいちばん長い日―運命の八月十五日  半藤 一利

    • 2009.02.18 Wednesday
    • 23:22
    日本のいちばん長い日―運命の八月十五日
    半藤 一利
    JUGEMテーマ:読書

     09−025 ★★★☆☆
     【日本のいちばん長い日―運命の八月十五日】 半藤 一利 著  文藝春秋

     《映画で何回か見たが、読んだのは初めて、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    「聖断」に従い和平への努力を続ける人々と、徹底抗戦を主張して蹶起せんとした青年将校たち―。そのあまりにも対照的な動きこそ、この一日の長さを象徴するものであった。昭和二十年八月十五日正午に至る一昼夜に繰り広げられた二十四幕の人間ドラマ。


     この作品、映画では何回か見たことがあるが本で初めて読んだ。
     この国の運命の8月十五日という日はどういう感じだったのか。
     天皇、各大臣の様子が分かる、若手の決起などがリアルタイムで記されている。玉音放送に至る過程にそれぞれに気持ちが格闘する。





    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM