スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夕顔  白洲 正子

    • 2009.02.16 Monday
    • 23:28
    夕顔 (新潮文庫)
    夕顔 (新潮文庫)
    白洲 正子
    JUGEMテーマ:読書

     09−023 ★★★☆☆
     【夕顔】 白洲 正子 著  新潮文庫

     《文章の切れがいいエッセイです》

     内容(「BOOK」データベースより)
    明治、大正、昭和、平成―四代を経てますます優雅に最先端を生きる人生の達人が、庭の草木を慈しみ、吉田健一や小林秀雄を偲び、愛する骨董を語り、生と死に思いをめぐらせる。対象の核心を射ぬく小気味よい文章は、自ずと、まやかしの横行する現代の風潮への批判ともなっている。植物の感情をテーマにした表題作等、ホンモノを知る厳しいまなざしにとらえられた日常の感懐57篇。


       白洲正子の本は2冊目か。能、焼物などちょっと分からないが思ったより楽しく読んだ。この本に「ホワイトフォンテン」が出てくるとは考えていなかった。「ホワイトフォンテン」、競馬馬です。ここでも書いてあるが「白い逃亡者」、いわゆるレースの先頭に発つ逃げ馬なのです。競馬に凝っていた頃、この馬がいたときなのでレースでは、この馬から買っていたのだ。細い馬だった。この本では、いろいろなことを知った。「金木犀より銀木犀が好きだ」えっーと銀木犀なんてあるんだ。作家・文士が出てくる部分はワクワクして読む。もうちょっと永井龍男の本を読まなくては。

     「人は自分の鏡である。ひとりで自分のことをいくら考えていても、それは自分のほんとうの姿ではない。よきにつけ、あしきにつけ、自分で造りあげた空想上の影みたいなもので、何かにぶつかってはじめてそれは露になる。必ずしも相手が人間でなくてもよい。動物でも、植物でもファッションでも、はたまた目に見えぬ空気や風の音でも、世の中のありとあらゆるものを、もし望めば他者と見なすことはできる。早い話が私の場合、こうして原稿用紙に向っていて、「自分と出会う」ことについて、いくらでも書けると思っているのにも拘らず、うまく表現できないで四苦八苦している。それほど心の中で思っていることと、実際に事に当るのとは違うのである。それに比べたら多くの人間とふれあう機会を持つ人々は、その度ごとに自分自身を新たに見直すことができるはずで、自分を失うどころか、豊かにする可能性に恵まれているのではなかろうか。」

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM