スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    朝茶と一冊  出久根 達郎

    • 2009.01.29 Thursday
    • 23:02
    朝茶と一冊 (文春文庫)
    朝茶と一冊 (文春文庫)
    出久根 達郎
    JUGEMテーマ:読書

     09−014 ★★★☆☆
     【朝茶と一冊】 出久根 達郎 著  文春文庫

     《エッセイの中の一冊の感想文もあり読んで楽しい…》

     出版社/著者からの内容紹介より
    読む。酒を飲む。朝茶も飲む。暮らし、そして、読む。思わぬ面白本満載。読書の達人の底抜けに楽しい書物エッセイ、待望の文庫化!


     最初に、この本の題名になっている朝茶と一冊のことが出てくる。朝起きて、熱い一杯の朝茶があり、それをおいしく飲めたならしあわせである。それと傍らに面白そうな一冊があればいうことはない、でもそういう本にはいきあわない、と書かれている。この本は、エッセイで、各エッセイに本が紹介されていて、それにまつわるエピソードが載っている。田舎から上京して、古本屋で修行して、古本屋を開業されて、また作家としても直木賞を受賞されている。相当な本読み手でもあるのだろうか。直木賞など、あるエライ審査員は人間をどう描ききるかどだという。商人の目と、作家の目があるのか、人間の描き方も上手いエッセイ書きだと思う。

    ♪ サルトル、マルクス並べても
      あしたの天気はわからねぇ
      ヤクザ映画の看板に
      夢は夜ひらく     ♪


    ♪ ソウセキ、オウガイ読んでも
      あたしの未来はわからねぇ
      少年マガジン、ジャンプに
      夢は夜ひらく     ♪



    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM