スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ハル、ハル、ハル  古川 日出男

    • 2009.01.24 Saturday
    • 06:44
    ハル、ハル、ハル
    ハル、ハル、ハル
    古川 日出男
    JUGEMテーマ:読書

     09−013 ★★★☆☆
     【ハル、ハル、ハル】 古川 日出男 著  河出書房新社

     《ハル、ハル、ハル。世情を背負い、何んで暴走・房総するのか…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    3人のハルよ、世界を乗っ取れ。暴走する世界。疾走する少年と少女。この物語は全ての物語の続編だ。


      古川日出男は、何かに怒っている。常に怒っているようだ。タランテーノのばりの戯曲のようだ。目線がどんどん進んでいく。千葉というところは、平坦であり、小高い山があるが圧倒的な山の存在はない。そのかわりか、地中よりガスが噴出している。その千葉県房総半島が核だ。千葉の女は、乳シボリ。訳がわからないことを書いている。そうだ、そうなのだ古川日出男の本はよく分からないのだ。ただ、感性で読んでいるだけなのだ。



    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 06:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM