スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ラン  森 絵都

    • 2009.01.24 Saturday
    • 06:30
    ラン
    ラン
    森 絵都
    JUGEMテーマ:読書


     09−011 ★★★☆☆
     【ラン】 森 絵都 著   河出書房新社

     《走ることで成長もするのか、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた。直木賞受賞第1作。

        森絵都さんの本は、【カラフル】が初読みで、うーん、なかなかと思って、イタク感動したものです。あの黄色一色のカバーにも驚いたものです。【カラフル】、あれから10年と銘うってあるので、最初のほうは話の構成がそっくりな感じだが、なるほどそう来たか、と思って読んでいった。そもそも、こういう本は誰を対象に書いているんだろうか、別に大人でも読んでもおかしくないが、理論社というから子供を対象なのか、それにしても主人公は20歳過ぎているし、どうなんだろうか。素直に感動できれば年齢をとらず誰でもが読んでもいいことなのだけど。そういう意味では、冥界と下界をつなぐ「レーン」のことなど、対した問題なく読めることがいいのだ。現状の問題と、それに適した人を配置していて、またユーモアもあり楽しく読めた1冊だ。

     この本の装丁を池田進吾(67)さんがやっている。インタビュー記事を読むと、その人生も森絵都【ラン】に似ている。前向きに、前向きに考えていると、何かが開けると。


    http://renzaburo.jp/nasshy/003/index.html

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 06:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM