スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    肩書きのない名刺  三国 一朗

    • 2009.01.17 Saturday
    • 23:59
    肩書きのない名刺 (1980年)
    三国 一朗
    JUGEMテーマ:読書

     09−008 ★★★☆☆
     【肩書きのない名刺】 三国 一朗 著  中公文庫

     《 日本エッセイストクラブ賞受賞作。
     私の中にある、三國さんは名聞き役の司会者としての印象がありますが、文章も上手いなーと感じました。それに役者で新劇の舞台にも出ていた人だと、この本で知りました。「掘り出し物」というエッセイに、結婚式の新婦友人がスピーチで、『ほんとにホリダシモノを選んだと思います』と言ったことが書かれていて、悪気がないが言葉の選び方も重要なことも語っています。その文章の後に、何回も目にする本がようやく手元に入って、このスピーチを聞いて、この本を読み直して、[掘り出し物][縁は異なもの]という言葉で締めくくっています。三國一朗さんを知っている方は少ないでしょうか、テレビ放送の始まりから出演されている人です。》

     


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM