スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    懐かしい人たち   吉行 淳之介

    • 2008.10.18 Saturday
    • 19:51
    懐かしい人たち (ちくま文庫 よ 17-5)
    懐かしい人たち (ちくま文庫 よ 17-5)
    吉行 淳之介
    JUGEMテーマ:読書

     08−143 ★★★☆☆
     【懐かしい人たち 】 吉行 淳之介 著  ちくま文庫

     《懐かしい人たちばかりだが、私には新鮮なエッセイばかりだ》
     
     筑摩書房の本紹介より
     週刊誌小説の書き方を講義してくれた柴田錬三郎、暖炉を前に、「いいわね、人間を焼くのに」と言った森茉莉。『モダン日本記者澁澤龍雄』という古い名刺から、若き日の澁澤龍彦を思い出し、川端賞の選考会では蚕豆の好きだった永井龍男の健康を心配する。石川淳、色川武大、内田百〓(けん)、開高健、向田邦子…。柔軟で深遠な眼差しがとらえた懐かしい人のいい話。

    目次
    井伏さん偲ぶ
    石川淳氏との一夜
    回想・舟橋聖一
    森茉莉さんの葬儀
    ふしぎなテープ
    柴錬さんの個人講義
    色川武大・知って驚く
    回想・立原正秋
    喧嘩とライター
    佐藤春夫との二つの場合〔ほか〕

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM