スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    キャッチャー・イン・ザ・ライ  J.D.サリンジャー

    • 2008.06.30 Monday
    • 08:54
    キャッチャー・イン・ザ・ライ
    キャッチャー・イン・ザ・ライ
    J.D.サリンジャー
    JUGEMテーマ:読書

     08−104 ★★★☆☆
     【キャッチャー・イン・ザ・ライ】 J.D.サリンジャー 村上春樹訳  白水社

     《久しぶりに村上春樹を読んだが、春樹節なのか…》

     Amazon.co.jp
    1951年に『ライ麦畑でつかまえて』で登場してからというもの、ホールデン・コールフィールドは「反抗的な若者」の代名詞となってきた。ホールデン少年の物語は、彼が16歳のときにプレップ・スクールを放校された直後の生活を描き出したものだが、そのスラングに満ちた語り口は今日でも鋭い切れ味をもっており、ゆえにこの小説が今なお禁書リストに名を連ねることにもつながっている。物語は次の一節で語りだされる。
    ――もし君が本当に僕の話を聞きたいんだったら、おそらく君が最初に知りたいのは、僕がどこで生まれただとか、しみったれた幼年時代がどんなものだったかとか、僕が生まれる前に両親はどんな仕事をしていたかなんていう「デビッド・カッパーフィルド」調のやつなんだろうけど、僕はそんなこと話す気になんてなれないんだな。第1、そんなの僕自身退屈なだけだし、第2に、もし僕が両親についてひどく私的なことでも話したとしたら、2人ともそれぞれ2回ずつくらい頭に血を上らせることになってしまうからね――。

    ホールデン少年は、教師をはじめとしてインチキなやつら(いうまでもなくこの両者は互いに相容れないものではない)と遭遇することになるのだが、こうした人物に向けられる風刺がきいた彼の言葉の数々は、10代の若者が誰しも味わう疎外感の本質をしっかりと捉えている。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 08:54
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ライ麦畑・・は、昔読んだものと、今の村上春樹訳とでは
      やはり印象がかなり違いました。
      昔読んだ時は、不思議な話だなーと、この手の本を読み慣れない
      私は首をひねりましたが、最近村上訳で再読したら、かなり
      面白かったです。
      我ながら、村上ファンの思い込み?と思ってしまいました(笑)。
      大好きな本です。
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM