スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    一階でも二階でもない夜―回送電車〈2)   堀江 敏幸

    • 2008.06.13 Friday
    • 00:00
    一階でも二階でもない夜―回送電車〈2〉
    一階でも二階でもない夜―回送電車〈2〉
    堀江 敏幸
    JUGEMテーマ:読書


     08−096 ★★★☆☆
     【一階でも二階でもない夜―回送電車〈2〉】 堀江 敏幸 著  中央公論新社

     《フランス文学は読めなくてもこのエッセイは…》

     内容(「MARC」データベースより)
    しだいに身体を縮めてどこでもないジオラマのなかに入り込んでいくようだった…。こちら側との通路をかぎりなく曖昧に開いたままで。長短さまざまな54編のエッセイを収録した、「回送電車」第2弾。



    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM