スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    八日目の蝉  角田 光代

    • 2008.04.20 Sunday
    • 08:44
    八日目の蝉
    八日目の蝉
    角田 光代
    JUGEMテーマ:読書

     08−067  ★★★★☆
     【八日目の蝉】 角田 光代 著  中央公論新社

     《本当に生きていることが…》

     出版社/著者からの内容紹介より
    逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか−−理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。


     この本は、新聞小説だったのか、読む楽しさがある。
     人間というものと、時間というものと、その家族を変える。
     子を思う力が生きる力か。
     何年後かに、また会えるだろうか。
     何が幸福か、考えさせる本だった。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 08:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      秋山家に侵入した野々宮希和子は、「あの女」の産んだ娘の恵理菜を抱き上げて逃走した。 誘拐犯になった希和子と、新たに「薫」と名づけら...
      • ぱんどらの本箱
      • 2008/04/29 11:27 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM