スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夏のピューマ  領家 高子

    • 2006.03.19 Sunday
    • 20:32
    夏のピューマ
    夏のピューマ
    領家 高子

    62 ★★☆☆☆
    【夏のピューマ】 領家高子 著  講談社

    《ピューマみたいな早さで夏は過ぎていく》


     画家・仁木妙子は、九鬼周造の研究家・教授・永沢英之に水彩画を贈った。その縁で京都で会って、身を任せてしまうのだ。……。

     ……実存の意味が最も顕著にあらはれているのは人間存在においてである。人間存在にあつて存在の仕方がみづからによつて決定されると共に、その決定について自覚されているのである。人間存在は存在そのものを自覚的に支配している。如何に存在するかに対する自覚的決定力を有つている。……個体の意味は人間存在にあつて最も角度を鋭くしている。 (本文より)

     上文は、九鬼周造の論文か、何かであろう。九鬼と言う人は、西洋哲学の普及に努めた人らしい。この本にも、こうした哲学が出てくる。
     物語は、画家・妙子と永沢とのひと夏の愛と運命についての作品だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM