スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    渋谷に里帰り  山本 幸久

    • 2008.03.20 Thursday
    • 00:42
    渋谷に里帰り
    渋谷に里帰り
    山本 幸久
    JUGEMテーマ:読書

     08−052 ★★★☆☆
     【渋谷に里帰り】 山本 幸久 著  NHK出版

     《渋谷か、故郷が渋谷か》

     [日販MARCより]
    渋谷は生まれてから小学6年生まで過ごしていた町。でも、通っていた小学校はすでに廃校。しばらく散策するが、どうも過去との結びつきが見えず…。注目の若手作家が、渋谷を舞台に描く青春小説。


     以前、原宿で電車を降りて、NHKから渋谷に向って歩くのが好きだった。が、今、渋谷は、若者であふれていて怖い感じもする。
     こんな感じのストーリーを描くのは、上手いなー。
     ドラマにするとき、坂岡女子の配役が一番難しいような気がする。
     ハッピーになる小説は、やっぱりいいです。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私も好きでしたよ〜。どちらかいうと、渋谷からNHKに向かう方が多かったです。
      もう十年近く行ってないかも、いや、もっとかな〜。
      多分渋谷に行っても、昔歩いていた道とは違う道を選びそうです。
      • じゃじゃまま
      • 2008/03/23 4:10 PM
      こんにちは。
      渋谷、歩いていないなー。
      bunkamuraなんて、雰囲気がいいけどなー。
      なんて言っているけど、足がむきませんね。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2008/03/25 12:26 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      山本氏の作品で似たように感じたのあったな。坂岡女史、すっごい嫌な女で、仕事一筋のイケてない女を想像して読んでたら、いつの間にか、お?そんなに嫌な女じゃないじゃん!むしろいい奴なんじゃん!って応援したくなる展開。 だったら最初からそういう設定で書けばい
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2008/03/23 4:07 PM
      渋谷に里帰り山本 幸久 (2007/10)日本放送出版協会 この商品の詳細を見る 食品会社に勤めて十年になる峰岸稔は、「はあ、まあ」が口グセの冴え...
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2008/03/27 11:47 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM