スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    やってられない月曜日  柴田 よしき

    • 2007.12.06 Thursday
    • 20:38
    やってられない月曜日
    やってられない月曜日
    柴田 よしき
    JUGEMテーマ:読書

     07−275 ★★★☆☆
     【やってられない月曜日】 柴田 よしき著  新潮社

     《コネ入社にこだわっているけど、…》

     (新潮社より)
     どんなにちっぽけだったとしても、いつだって「私の世界」の主人公は私自身!

    私、高遠寧々、28歳。実はコネ入社だけど、いちおう大手出版社経理部勤務。彼氏なんていなくても、気の合う同僚もいるし、お気楽な一人暮らしを満喫中。でも、そんな平凡な日々にも、いろんな事件は潜んでて――不倫、リストラ、社内イジメ。「あるあるある!」って思わず呟いちゃう、本音満載のワーキングガール・ストーリー。


     「やってられない月曜日」
     「誰にもないしょの火曜日」
     「とびきりさびしい水曜日」
     「甘くてしょっぱい木曜日」
     「それでもうれしい金曜日」
     「命かけます、週末です。」
     「またまた、やってられない月曜日〜エピローグ」

     会社で起きることを経理の事務職・28歳寧々の生活・信条を通して描いている。
     読んでいて面白い作品だ。出版社が舞台であるから、作家も詳しいはずなので実情はこんなもんなのだろうか。会社とほかに、やれることがあることが羨ましい。章の言葉・題名になっている「やってられない月曜日」、「それでもうれしい金曜日」の言葉の感じがわかる気がする。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      人も羨むほどの大手やその手の業界ならばコネ入社はひがまれるかもしれないですね〜。大手には無縁のためわからなかったですけど。それにしてもコネ入社の二人組、結構遠い縁で入ってましたね、そんなもんでいいというのに、ちょっと驚きました。
      • じゃじゃまま
      • 2007/12/13 10:54 AM
      こんばんは。
      そう言えば、昔は代議士さんのコネでなんかも多かったが、
      今はどんなコネなんだろうか、と思ってしまいましたよ。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2007/12/13 6:01 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      う~~ん。なかなか前に進まなかった。誰もが羨む大手出版社にコネ入社したオタッキーな寧々と弥々。 その手の趣味はちょっと私には分からないけど、確かに柴田氏は女性ならではの鋭さを持っていて、なかなか細かい女性心理の描写などうまい人ではあるんだけど、説明くさ
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2007/12/13 10:52 AM
      やってられない月曜日 # 出版社: 新潮社 (2007/08) # ISBN-10: 4104711039 評価:83点 いい感じに力が抜けていて楽しめた。 テスト勉強で心が殺伐としている時には、こういう本もいいものです。 通勤電車往復50分でほぼ完読。 読後には少しほんわかした温か
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/08/13 12:27 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM