スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    有頂天家族  森見 登美彦

    • 2007.12.01 Saturday
    • 19:03
    有頂天家族
    有頂天家族
    森見 登美彦
    JUGEMテーマ:読書

     07−272 ★★★☆☆
     【有頂天家族】 森見 登美彦 著  幻冬舎

     《そこのあの人が狸なのか、…》

     内容紹介より
    第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四兄弟……でも主人公は狸?!

    時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。


     読書の道に導いてくれたのが、村上春樹【ねじまき鳥クロニクル】という本だ。読んで妙にリズムが良いのである。読んでいて、リズム感が出てくる不思議な感覚なのだ。内容はともかく、この本には今までにないものを感じて、それから村上春樹さんの本、小説、エッセイを読んだものだ。小説などは、井戸的な感覚しかわからないが、エッセイなどすごい良いと思ったりする。前置きが長くなったが、この本にも不思議なリズム感があるように思うのだ。読んでいて、何かリズムで読める、そのリズム感が良いのである。
     『オーラの泉』では、輪廻転生というスタイルか、貴方の前世とか、おしゃっているがまったくその通りなのかは疑問だが、この本を読んでいると輪廻転生とは別なスタイルがありそうな気がしたりする。足が速い人は、チーターが人間に化けていたり、泳ぎの速い人は、イルカが人間に化けているだけかも知れない。10万の応募で首尾よく、試験で合格すれば人間に化ける許可されていたりするのか、なんてこの本を読んで妄想したりする。
     京都の街は、戦争で失ったところがないので古い時代のものが残っている唯一な場所で、そんな舞台だからこの作品・小説が生きてくるんだろうか。
     もうちょっと思想とかが、深みがあれば楽しいだけでなく、もっとすっごい本になるだろう。でも、妄想爆裂な作家がうりなので良いのか。たぬきうどんは美味しいが、狸鍋って美味いのかなー。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは。
      狸鍋の味ってどうなんでしょうね?
      職場で鍋の具について話してるとき「狸鍋とか…」って言ってしまい、場が凍りました(笑)
      こんばんは、ななさん。
      <>狸鍋の味ってどうなんでしょうね?<>
      あまり、美味しくなさそうですね。
      珍味なんでしょうか。
      • ななさんへ
      • 2007/12/03 8:34 PM
      モンガさん、こんばんは。
      読む楽しさいっぱいな森見さん、文章のリズムもよいですね。
      『ねじまき鳥クロニクル』は単行本の1冊目で一度挫折しています。
      その時は読めなかったんですね。
      一昨年文庫で『海辺のカフカ』に続いて3部作とも読みました
      村上さんは好きですが感想を書くのに困る作家さんです。
      言葉が形になってくれなくて、汗
      こんばんは、雪芽さん。
      読む本との相性というのがありますね。
      題名は忘れましたが、買った文庫を1ページで挫折して、
      何年後かに読み始めたら、すんなり読めるんです。
      そんなこともありました。
      • 雪芽さんへ
      • 2007/12/04 11:29 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      有頂天家族 ファンタスティック!思わずそう叫んでしまいそうな世界でした。やっぱり森見さんの世界は好きです。狸や天狗、はては半天狗なる美女弁天やら風変りなものが次から次へ出てくるんで、最初はなかなかテンポに乗れななかったんですが、世界に入ってしまって
      • 本のある生活
      • 2007/12/01 11:48 PM
      イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。パピルス掲載+書き下ろし。 京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年前に父・総一郎を狸鍋で喪い家族は母と四兄弟。主人公で語り手は三男の矢三郎。落ちぶれてア
      • 粋な提案
      • 2007/12/02 2:10 AM
      有頂天家族 森見 登美彦 JUGEMテーマ:読書 狸と天狗と天狗になりかけの人間、そして秘密の会合「金曜倶楽部」に集う人たちが京都を舞台に飛んだり、変身したり、騙しあったり、大活躍。 「太陽の塔」でつまづいたので、心配しながら読み始めたんだけど杞憂で
      • ナナメモ
      • 2007/12/03 3:26 PM
      さあて来ましたよ有頂天。たぬきのはなしです。『夜は短し歩けよ乙女』が既読だったので保留になっていた直木賞特集もこれでようやく終わりです。後は芥川だ。 長男、矢一郎。亡き父のようになりたいと願い、偽右衛門の座を得るべく、東奔西走する一家の大黒柱。他に
      • 今更なんですがの本の話
      • 2007/12/03 9:53 PM
       有頂天家族  森見 登美彦  幻冬舎 (2007/9/25) 京都の街を闊歩しているのは、天然黒髪乙女や男汁溢れる妄想男子大学生ら、人間達ばかりではないらしい。 《かくも毛深き家族愛!!》 毛深いのはちょっと苦手である。天然純毛100パーセントの
      • コンパス・ローズ  compass rose
      • 2007/12/04 10:59 PM
      有頂天家族 ■やぎっちょ書評 いや、正直読む気していなかったんです。告白。 だってもりみーのブログにさんざん「次は毛深い男のお話」「可憐な乙女はでてこない」って書かれてたもん。発売前に。 でもって可憐な乙女のお話以外の本が実はあまり好きではないので、
      • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
      • 2007/12/08 11:25 PM
      有頂天家族森見 登美彦 (2007/09/25)幻冬舎 この商品の詳細を見る いつもはメモをしながら読書しているのだが、今回はメモはいっさい取らなかった。その分、ザ・森見ワールドを存分に堪...
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/12/14 11:14 AM
      うさんくさい本です。 何しろ、主人公が京都の「狸」ですから… 糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父・総一郎はある日、鍋にされ、あっけなくこの世を去ってしまった。遺されたのは母と頼りない四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だが土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙にな
      • じゅずじの旦那
      • 2008/03/01 10:25 PM
      有頂天家族 出版社: 幻冬舎 (2007/9/25) ISBN-10: 4344013840 評価:90点 面白かった。 誰が読んでもそんな気持ちになるんじゃないだろうか。 奇想天外荒唐無稽の展開。 とびっきりの阿呆らしさを存分に振りまきながら、なんとなく切ない気持ちにもなっ
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/05/15 11:19 PM
      有頂天家族森見 登美彦幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 32310おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 糺ノ森に住む狸の名門・下...
      • Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜
      • 2008/06/07 7:38 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM