スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    今ひとたびの戦後日本映画  川本 三郎

    • 2007.11.12 Monday
    • 23:53
    今ひとたびの戦後日本映画
    今ひとたびの戦後日本映画
    川本 三郎
    JUGEMテーマ:読書


     07−264 ★★★☆☆
     【今ひとたびの戦後日本映画】 川本 三郎 著  中公文庫

     《戦後日本映画の思いが…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    なぜ田中絹代や原節子や高峰秀子…はあんなに美しかったのか。彼女たちを輝かせたのは、死者たちへの鎮魂の想いだったのではないか。戦争未亡人、復員兵、戦災孤児―昭和二十年代・映画黄金期の名作の数々に戦争の影をとらえ、風化しつつある戦後日本のイメージを、鮮やかに立ち上らせる。



     戦争が終わって、映画の役割の大きさが分かる。戦争の心の傷を映画に寄って癒されていく。そんな映画をこの本は、紹介して解説してくれている。一杯、映画が出てくるが、こうやって見るとほとんど見ていない。小津安二郎、黒澤明、成瀬巳喜男、今井正など、監督たちは戦後の日本映画をどんなふうな思いで撮ってきたのだろうか。作品を見てみたいものだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM