スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    白蛇島  三浦 しをん

    • 2006.03.31 Friday
    • 20:21
    白蛇島
    白蛇島
    三浦 しをん


    71 ★★★☆☆
    【白蛇島】 三浦しをん 著  角川書店

    《白蛇島は神秘に満ち溢れています。》


     高校生3年・悟史が帰省した拝島。十三年ぶりの大祭でにぎわうその島は不穏な空気に包まれていた。島民に異常に忌まれる怪物「あれ」が出たというのだ…。淫靡な香り漂う夏の夜の冒険物語。(本の説明より)

     島という特異な現状、閉鎖性とか、神秘性とか、この本には一杯載っています。少年の目から見た島は、どんな風に写っているのか。少年の友情とか、そんなのもありますし、面白い本でした。

     清楚な美しさを持った佐和子は、実は案外情念の人なのではないか。生まれた時からそばにいて、それこそ妹と同じように思ってきた佐和子にも、悟史が今まで知らなかった一面がある。そしてその、悟史にとって未知な部分の佐和子が、揺らめきながら悟史に向かって何かを訴えている。悟史はそのことにひるまずにはいられないのだ。対峙するといつも、怖じ気をふるって逃げ出すための、緊張をはらんだ冷たい力がふくらはぎにこもる。(本文より)

     悟史の妹・日和子といつも一緒に行動している佐和子についての一文である。最後の『ふくらはぎにこもる』というのが、何か名文に感じてしまった。



    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM