スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    都市の感受性  川本 三郎

    • 2007.11.11 Sunday
    • 20:37
    都市の感受性
    川本 三郎
    JUGEMテーマ:読書


     07−263 ★★★☆☆
     【都市の感受性】 川本 三郎 著  ちくま文庫

     《都市の持つイメージが…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    小説の村上春樹、映画の森田芳光、演劇の野田秀樹、マンガの大友克洋…彼ら若い作家たちの作品に浮上してきたものに共通するのは、「都市の感受性」とでも呼ぶべき新しい感覚なのではないか。従来の「主体性」の神話や「リアリズム」の信仰が崩れたあとにくる浮遊的な人間像を論じ、「現代」について考える。


     久しぶりに村上春樹の小説に対する論評を読んだ。『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『中国行きのスロウ・ボート』『羊をめぐる冒険』が、都市の関連性があるなど思っても見なかった、が、この本を読むと肯けるのだ。村上春樹は、断片化した都市の日常生活をむしろ「気分がいい」と受け入れてしまっている。(本文より)土着性でなく都会的な文章なのだ。村上春樹の部分だけでも読み価値があるのでは、…。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM