スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    夕子ちゃんの近道  長嶋 有

    • 2007.11.01 Thursday
    • 22:16
    夕子ちゃんの近道
    夕子ちゃんの近道
    長嶋 有
     07−255 ★★★★☆
     【夕子ちゃんの近道】 長嶋 有 著  新潮社

     《何気ない日常、何気ない生活、そこにも…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    アンティーク店フラココ屋の二階で居候暮らしをはじめた「僕」。どうにも捉えどころのない彼と、のんきでしたたかな店長、大家の八木さん、その二人の孫娘、朝子ちゃんと夕子ちゃん、初代居候の瑞枝さん、相撲好きのフランソワーズら、フラココ屋周辺の面々。その繋がりは、淡彩をかさねるようにして、しだいに深まってゆく。だがやがて、めいめいがめいめい勝手に旅立つときがやってきて―。誰もが必要とする人生の一休みの時間。7つの連作短篇。


     【第1回大江健三郎賞受賞!】 「懐かしい小説の魅力を、それもすっかり新しい日本人たちをつうじて表現した作品」と大江健三郎氏絶賛。著者初の連作短篇集。 (アマゾンより)

     穏やかな日常を描いた作品。
     何も変化がない生活でもなく、そこには人間の営みがあり生きている空間がある。そして、人と人とのつながりもある。そういう何気ない日常を丹念に描いている作品だ。こういうのを描くのが、巧い作家さんだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      夕子ちゃんの近道posted with 簡単リンクくん at 2006.11. 9長嶋 有著新潮社 (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
      • 今日何読んだ?どうだった??
      • 2007/11/03 10:24 AM
      夕子ちゃんの近道 長嶋 有 洋風アンティークの店「フラココ」の2階に住み着いた「僕」がお店の周りの人たちと過ごした半年間。 ちょっと長い充電期間なのでしょうか、「僕」は物置同然のフラココ屋の2階に住み、下のフラココ屋で店長のアシスタントをしま
      • ナナメモ
      • 2007/11/04 12:19 AM
      昨年創設された「大江健三郎賞」、ノーベル賞作家の大江健三郎が1年間、若い作家の作品を読み続けて、1人で選考した作品、果たしてどんな作品が選ばれるのか、いやが上でも興味が増します。この賞は賞金はなく、外国語への翻訳・刊行を賞とするだけです。その栄えある「
      • とんとん・にっき
      • 2007/11/04 11:05 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM