スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    先達の御意見  酒井 順子

    • 2006.04.03 Monday
    • 20:19
    先達の御意見
    先達の御意見
    酒井 順子

    72 ★★★☆☆
    【先達の御意見】 酒井順子 著  文藝春秋

    《負け犬がいつの間にか勝ち組になっているのか》


     阿川佐和子、内田春菊、小倉千加子、鹿島茂、上坂冬子、瀬戸内寂聴、田辺聖子、林真理子、坂東真砂子、香山リカとの対談の本である。
     
    酒井順子さんと言えば【負け犬の遠吠え】と言う本がベストセラーになって話題になったがエッセイストしては、かなり前から有名な人である。当然、この【負け犬の遠吠え】も対談の内容にあがっている。対談相手が男性ひとりなので結婚など女性同士の話題が多い。

     ところで今日テレビを見ていたら、瀬戸内寂聴さんが83年生きて来て、今の世の中が一番悪いとおしゃっていた。子が親を殺し、親が子を殺す、この現状がどこからきているのか。親を慕い、子を思いやる、日本人としての感覚はどこへ行ってしまったのだろうか、といったことだ。
     私も、何んだか不安な時代に入ってきてしまっていると感じているのだ。  

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM