スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    金輪際  車谷 長吉

    • 2007.10.29 Monday
    • 22:24
    金輪際
    金輪際
    車谷 長吉
     07−253 ★★★☆☆
     【金輪際】 車谷 長吉 著  文藝春秋

     《人間が生きるという感情・情念》

     内容(「BOOK」データベースより)
    地の下には三つの輪があって、この世を支えているという。その無限の底を金輪際という。世を厭い人を呪う生を送ってきた私の人生に、棘のように突き刺さり、今なお己れを狂わせる記憶の数々…。人間の生の無限の底にうごめく情念を描ききって慄然とさせる七篇を収録した傑作短篇集。



     人間は平静のようだが、こころのなかに何かが蠢いている。その感情を文章にしている感じだ。私小説の凄さが、芥川賞落選後、9人の芥川賞審査員(実名だ)を丑の刻参りの釘を打つ。本当だろうか、でも心の中では本当なことだと思う。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:24
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM