スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    猫に時間の流れる  保坂 和志

    • 2007.10.22 Monday
    • 13:00
    猫に時間の流れる
    猫に時間の流れる
    保坂 和志
     07−249 ★★★☆☆
     【猫に時間の流れる】 保坂 和志 著  新潮社

     《猫という生き方、…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    都会の小さなマンションに住む三人の男女。彼らの時間は常に穏やかに流れ、そして猫とともにあった―。束縛や既成概念にとらわれることを嫌い、「猫のように」ふわふわと生きていく人々。そんな彼らの周りに起きる出来事や交わされる会話を、柔らかく、しかし芯の通った筆致で描いた中編二編を収録。『この人の閾』で芥川賞を受賞した著者の、猫に対する深い愛と洞察に満ちた一冊。



     保坂さんの作品には、猫が出てくる、それもやたらと出てくる。あとがきに、猫への想いが出ている。猫が好きで、相当猫の観察もしている書き方である。猫が主役か、人間が主役か、そのどちらもが主役の本だった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM