スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    退屈姫君 海を渡る  米村 圭伍

    • 2007.09.19 Wednesday
    • 12:47
    退屈姫君 海を渡る (新潮文庫)
    退屈姫君 海を渡る (新潮文庫)
    米村 圭伍
     07−235 ★★★☆☆
     【退屈姫君 海を渡る】 米村 圭伍 著  新潮文庫

     《めだか姫の活躍、いかに…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    今日も江戸の上屋敷であくびをかみ殺していためだか姫。そこへ舞い込んだのは、夫である風見藩藩主・時羽直重が失踪、ついでに冷飯食い数人も消えたという大ニュース。姫が直ちに千石船を仕立て、お仙と海上を一路讃岐へ向かってみれば…。お城は六波羅景望なる謎の武士に牛耳られ、風見藩はまさに乗っ取り寸前。殿は何処へ。めだか姫は藩の危機を救えるのか。


     四国の風見藩まで海路、どのくらいかかるのか。
     今度は、お仙の兄、一八も出てくるが、天童小文五の出番が多い。
     六波羅景望の妖しい美貌とはどんなものだろうか。
     解説の「退屈姫君のおかげで退屈知らず。」に◎だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 12:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM