スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    フィンガーボウルの話のつづき  吉田 篤弘

    • 2007.09.07 Friday
    • 19:36
    フィンガーボウルの話のつづき
    フィンガーボウルの話のつづき
    吉田 篤弘
     07−223 ★★★☆☆
     【フィンガーボウルの話のつづき】 吉田 篤弘 著  新潮社

     《静かに、ゆるやかに…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    物語は世界の果てにある小さな食堂を夢見ながら始まり、静かにゆるやかにつづく。どこからも遠い場所で、どこよりも近い、すぐそばで―クラフト・エヴィング商会の物語作者が贈る、ひとつながりの16の短篇集。



     いつも感じる日常とは違った空間、不思議な世界の数々が読み手をフワーッとした場所に連れて行ってくれる。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 19:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      私にとっては究極の「おいしい空気本」。 とにかく本書ではストーリーよりも空気を味わいたい。そんな短いお話がいっぱい詰まってる。 読み終えてしまうのが惜しい気がした。 ベッドサイドに置いといて、眠る
      • ぱんどらの本箱
      • 2007/09/10 12:44 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM