スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    クローズド・ノート  雫井 脩介

    • 2006.08.20 Sunday
    • 16:23
    クローズド・ノート
    クローズド・ノート
    雫井 脩介
     196 ★★★★☆
     【クローズド・ノート】 雫井 脩介 著  角川書店

     《教師って、やはり大変であり、やりがいのある仕事なのだ》

    内容(「BOOK」データベースより)
    私の部屋に置き忘れられた一冊のノート。はじめは手に取るつもりもなかったのに。そのノートを開きはじめたとき、私の平凡な日常は大きく変わりはじめる―。『火の粉』『犯人に告ぐ』の俊英が贈る、2006年最初にして最高の物語。携帯サイトでの連載時から感動の声が続々。100万アクセスを突破した、切なく暖かい恋愛小説。


     男性作家だから書ける、ロマンチックな作品なような気がする。
     女性作家の方がもっと現実的な感覚で書くような感じがするのだ。
     文具店での万年筆の部分が長く、何か意味があったのだろうか、と考えもしないではないが、全体的には最後の盛り上がりが良い。ある意味、わかっているのに香恵ちゃんにガンバレと声を掛けたくなる。
     作家自身の姉の不慮の事故で失い、その姉の教師時代に遺した文章を使ってあったりで、作家の伊吹先生への思いが姉への思いとにダブってくるのではなかろうか。

    犯人に告ぐ  雫井 脩介

    • 2005.05.06 Friday
    • 14:43
    犯人に告ぐ
    犯人に告ぐ
    雫井 脩介

     ★★★☆☆

     【犯人に告ぐ】 雫井脩介 著  双葉社

    《劇場型犯罪・捜査》

     この小説は、警察内部の軋轢の話、テレビによる劇場型捜査、家族の話等である。犯人の話もあるが何か影が薄く、テレビ報道の方が話が多い気がする。本の後の参考文献にも報道関係が何冊か載っている。そしてTBS・池田裕行氏(ニュースキャスター)の名前も出ている。だからか、テレビ報道のあり方も考えさせられるし、放送関係・機器?などの細かく紹介さてて興味深い。

     この本は、グイグイと読まされる。
    主人公に引きつけられるのか、先先と読みたくなる。筆者の文章力だろうか、細かいところにも気をつかってあり、分かりやすく読みやく感じる。
     
     こういう本を読むと、こんな犯罪が今後多くなるようで心配になるが、この本自体は楽しく読めた。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM