スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    スペース  加納 朋子

    • 2006.03.24 Friday
    • 19:30
    スペース
    スペース
    加納 朋子


    64 ★★☆☆☆
    【スペース】 加納朋子 著  東京創元社
    《》

    月曜日の水玉模様  加納 朋子

    • 2006.01.22 Sunday
    • 17:44
    月曜日の水玉模様
    月曜日の水玉模様
    加納 朋子

    21 ★★★☆☆
    【月曜日の水玉模様】 加納朋子 著  集英社

    《事務職OLでもミステリーなかにいるんだ》


     事務職OL・片桐陶子がちょっとした事件を綴るユーモアミステリー。

     「月曜日の水玉模様」から「日曜日の雨天決行」 まで、1週間の章でまとめられている。月曜日に事件解決のために助力する相棒・萩広海と出会うところが出てくる。陶子が電車に朝、通勤の為に乗る。朝、通勤電車、満員である。途中で座っている人が下車すると座れるので、ある程度わかる。誰がどこの駅で降りるかが、だから降りる人の前に立つようするのである。少しの間でも座るということは天国のようなのだ。これは満員電車に乗った人しかわからないことだ。これが毎日のことだからである。降りる人が女神のように思えてくるのだ。
     
     私も東武東上線で通っていたときは大変であった。ぎゅうぎゅう詰めの満員である。前が閊えて止まったりで若い女性が貧血で倒れたり、大学生の男子も倒れたりであった。
     ある時、途中から乗る女性が満員の中を入り口からにじり寄ってきて席が空く場所までくるのを知ったのである。それが、何で人に嫌がられても前進してくるのか、よくわからないでいたのだが席が空く(降りる人)のを知っているのである。朝の満員電車では座ることが天国なのである。今は、有楽町線が乗り入れているから、どんな感じなのだろうか。

     この本は、主人公・陶子が親を知らずに祖母によって育てられている。母親とのミステリーもあり、切ないところもあるのだ。  

    ささらさや  加納 朋子

    • 2005.05.28 Saturday
    • 13:06
    ささらさや
    ささらさや
    加納 朋子


     ★★☆☆☆

     【ささら さや】 加納朋子 著  幻冬舎

     こういう作品のもミステリーにいるのか?

     サヤは事故で夫が亡くなり、赤ん坊を連れて叔母の町にやってくるが…。
     夫はゴースト・幽霊で出てくるし、3人のおばあちゃんが何とも面白く楽しめる。

     ささら さや 風の音、 何かの暗号、 呪文か。

     この物語は、何が核なのか、夫との愛なのか。
     すらすら読めるので、それはそれで良いのだが、何か物足りないかな?と思う。

    いちばん初めにあった海  加納 朋子

    • 2005.04.15 Friday
    • 17:51
    いちばん初めにあった海
    いちばん初めにあった海
    加納 朋子

     ★★☆☆☆

     【いちばん初めにあった海】 加納朋子 著  角川書店

    《ミステリーもいろいろだ》

     『………胸いっぱいにひろがるぬくもりあふれたミステリー。』

     ミステリーにもいろいろあるんだなーと感じさせられる本だった。
     初めての作家さんの本は、読む呼吸が掴みづらい。この作家さんは、この作品より違う作品から入るべきだったようだ。
     「いちばん初めにあった海」のタイトルに入っていた手紙は、YUKIの差出人とは、……。

     不思議なミステリーなのだ。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    BLOG LIST

    カウンター

    本・読書ブログが一杯

    にほんブログ村 本ブログへ

    emo

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    始祖鳥記
    始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
    飯嶋 和一
    読みたい作家がいる。
    読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM